• トップ /
  • 家探しで支払うマンションの家賃

マンションの家探しと家賃

家探しで支払うマンションの家賃

家探しでは契約時に前家賃を払う

家探しで気に入ったマンションが見つかり、申込みからいろいろなプロセスを経て正式契約となったらある程度のまとまったお金が必要です。これがマンションに契約する時の初期費用です。初期費用には、敷金や礼金とともに前家賃が組み込まれています。家探しで正式契約時に支払う前家賃というのは、翌月分の賃料です。賃貸物件の賃料は、月払いの前払いが基本になっています。ですから、正式に契約することになったら翌月分の賃料を前払いで支払います。ここで支払うのは、正式契約の翌月1日からの賃料です。ですから、契約を交わす月から入居を希望する場合は、契約当月分の賃料も請求されます。当月分の賃料は、1か月分の賃料を日割りで計算してその月の残日数分を支払うのが一般的です。家探しで、それまでも賃貸の住まいである場合は、新旧両方の住まいに支払う二重家賃に要注意です。これを避けるには、旧居の家賃の支払いがいつまでになるかを契約書や重要事項の説明書で確認することがポイントです。契約書や重要事項説明書には、解約の申し出期限が明記されています。解約の申し出期限が退去の2か月前までと書かれていれば、解約を申告した日から2か月後までは家賃の支払い義務があるということです。これを確認した上で新居となる賃貸マンション契約のタイミングを決めます。

バックナンバー

家探しの基本情報

↑PAGE TOP